« 2020年1月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月

2020年4月28日 (火)

シャープのマスク

シャープの抽選販売のマスク、、、

応募470万件!!  倍率120倍!!!
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6358374

こりゃぁ、当選できないか…。
先着順の時はつながらずサーバー落ちちゃったし。

家人も私も春秋の花粉症持ちなので、マスクの在庫はあったけれど
いかんせん購入できなくなってから約3ヶ月、
しかもコロナ予防で母もマスクを使用することになり、もう在庫がヤバい。
あとは不織布マスクをネットで出てたように洗って使用するしかないね。
ちなみに要介護2の母にはケアマネさん経由で厚労省から「アベノマスク」1枚届きました。
1世帯2枚とは別に配付されているようです。
優しく洗いましたけれど縮みました、ゴムは伸びました…。
話すのに息苦しそうなので不織布がある間は…。

2週間前にアイリスオーヤマの数量限定マスク販売で
7枚入り2セットのマスクを手に入れられたけれど、
数量限定販売期間中は1人1回までしか購入できないので、もう買えない。
アイリスオーヤマのネット販売サイト「アイリスプラザ」では
だいたい毎日13時~購入開始しています。
値段も宅配代660円入れると、1枚辺り89円位。
メール便だと送料165円なのでもっと安くなるけれど、
こちらを購入するのはかなり困難。

事前に会員登録と、マスク販売ページをブックマークしておく。
URL変わっていなければ⇒
https://www.irisplaza.co.jp/index.php?KB=KAISO&CID=4065

販売開始して、つながらなくてもリロードし続ける。
次のページに進んで、またつながらなくてもリロードし続ける。
やっとこさ、支払画面で最後のクレジットカード入力して、
確認画面に進むところでまたつながらない。
そこでもひたすら、リロード。
入力フォームなんちゃらYES/NOのメッセージが出たら、YES
で、つながらなくてもまたリロード…
その繰り返しで
私なんか、無事購入までに1時間かかった\(◎o◎)/!
その15分後に完売したみたいなので、ギリセーフ。

あとは体温計の電池LR41がどこでも買えない。
ビックカメラで注文はできたけれど、入荷未定で納期がわからない。
注文時は4月下旬納期予定だったんだけれど…今は未定になってしまった。
母がデイサービスに行く前に体温計測しないといけないので、
電池が切れないことを祈る…。
体温計本体も買えないし…。

もし切れてアカンかったら、昔私が使用していた婦人体温計、
口にくわえるものなので消毒して使ってもらうしかないな。
これはデータ記録できるタイプなので単4電池2本あればOK。
でも30代の時に使っていたものだから…動くのか?!

追記
今日眼科の帰りに、路上で飲食店がお弁当とマスクを売っていた。
50枚入り4000円!!
1枚辺り80円だからアイリスの送料込の1枚辺りよりは安いけれど…。
なんでこんなところに…。買わなかったけれどね。

| コメント (0)

久しぶりに裸眼でPCスマホ使えた!

右目はもう12,3年前に白内障の手術済。
この時は虹彩膜炎もあって難しい手術とのことで
病院に1週間入院して手術。結構大変だった。

6年前から老眼(^_^;)で、仕事時はメガネ必須となり、
2年前からは左目も白内障になってしまい…
ちなみに…老人性の白内障ではなく(…と言いたい、いやもう年も年だからどっちでもいいけど)
紫外線でやられてしまった白内障です。。
この3年でメガネを4回も作り直し、この2か月はPCの数字も見づらく、
仕事にも支障。スマホを扱うのにもメガネは必須。
洗濯物を干すのも、外でスマホ画面を見るのも
まぶしくてサングラスしないと辛かった。

ついに左目の手術も覚悟して予約。
本来なら手術は3ヶ月待ちで6月になるところ、
このコロナでキャンセルした方がいたので、仕事退職後に手術。
今回炎症は無かったので日帰り手術でした。
すごい眼帯をして帰宅。翌日診察時まで眼帯は外せない。

手術後は洗顔/洗髪/入浴に以下制限あり。
首から下の入浴と顔を蒸しタオルで拭くのは手術4日後から可、
洗髪と洗顔、完全入浴は手術1週間後から可、
夜寝る時は透明なプラ状の眼帯をテープで止める。
目薬3種類を1日4回点眼。
術後1ヶ月は週1回の診察。

入浴不可中は、母が使用している「からだ拭きウェットシート」で
拭いて過ごしたけれど洗髪ができないのが辛かった…。
これ真夏だったらもっと辛かっただろうなぁ。

手術翌日に眼帯外された時は、もう見えちゃって見えちゃって…
嬉しかった!!
帰宅した時に床のホコリが気になって掃除したよ。

スマホもPCもメガネ無しで使えるし…。
担当医曰く、10代の頃の目に戻しました(笑)

昔手術した右目の方がボヤッとして見づらい。
覚えていないんだけれど、右目に入れたレンズは遠い方に焦点があるものだったらしい。
なので今回の左目は近場に焦点があっているレンズにして
右目と左目で中和(?)、あとは脳が補完してくれる。

メガネが不要なのはほんとに楽だ。久しぶりだ。
手術前までは商品を購入する時にウィンドウ内の商品の札も、メガネ無いと見えなかったし。
かと言ってメガネをかけては歩けない。
ちょくちょくバックからメガネ出す面倒がもう無くなった。
手術は怖かったけれど、やって良かった。
お金はかかったけれど…(^_^;) 4万千円ほど。
昨年秋以降、我が家ではいろんなことが起こって、
もうこれ以上…起こらないことを祈るばかり。

コロナのワクチン、早く開発されることを祈る。
一日も早く終息して、医療従事者の方たちに平穏な日常が戻ることを祈ります。

※ステイホーム中なので、久しぶりに時間ができて、
 目も見えるようになったので、久しぶりにブログ更新(^_^;)

| コメント (0)

2020年4月24日 (金)

ステイホームで2週間分のメニュー考えた

通常、うちは1週間分のメニューを考えて、ネットスーパーでまとめて購入。
不足分や朝食用のパン等は適宜店舗で買い足ししてたけれど…
このコロナ騒ぎになってからは、ネットスーパー発注サイトが混雑でなかなか注文できなくなった。

しかも売り切れ予想の品物は軒並み、商品一覧から削除されているので
トイレットペーパーやティッシュ、除菌関係、野菜では安価な「もやし」とか。
ネットスーパーで買えないものは店舗に行くしかない。

先々週のこと、ネットスーパーが全ての配達時間で終了になってしまい、
普通は混雑しない時間帯を狙って、店舗に買い出しに行ったら、
想像以上に人が沢山いて、もう怖い怖い\(◎o◎)/!
予め購入するものは決めてあったので、さっさと購入して退散。

もう怖い思いをしたくないので、冷蔵庫の在庫を見て
今回は2週間分のメニューを考えて
4/24にネットスーパーでの購入とネットで買えないものを眼科の帰りに某店舗で購入。

4/24(金) 刺身/いかたらこサラダ
4/25(土)しらす桜えび丼/じゃがチーズ
4/26(日)ぎょうざ (いつもは店で焼餃子買うが今回は生餃子買って冷凍保存しておいた)
4/27(月)カレー
4/28(火)銀たらの煮つけ
4/29(水)ポトフ
4/30(木)マーボー茄子
5/1(金) ハンバーグ
5/2(土) チキンソテー
5/3(日) おかゆさんの日(家では月一回実施)/焼鮭/その他ご飯のお供
5/4(月) クリームシチュー
5/5(火) めかじきソテー
5/6(水) ロールキャベツ
5/7(木) 海老チリ
5/8(金) 鳥ピカタ
5/9(土) 鰻丼(1日早いけど母の日ということでネットでいつも購入する店から届く)
5/10(日)生姜焼き

朝食用のパンと牛乳、サラダ用の野菜は2週間分まとめ買いは消費期限的に購入できないので
あと1回位かな買い出し。

今回はなるべく冷蔵庫・冷凍庫に収まる分重視したので、栄養的には…?
油使うものが多いかな…。あと面倒なので鍋煮込み物が多くなった。

いつも一週間考える時は
魚と肉を交互にして、週末はご飯物や揚げ物。

今は家人がテレワークで家にいることが多いので、昼食準備もあって食費かかる…。
その分、お小遣い減らしましたけれど…(^_^;)

何とかステイホームでがんばろう!

ただこんな時に
4/21に白内障手術したので、1か月間は週1回眼科通院ありで外出。
仕事は母の介護で先日辞めました。
2月初旬に母が喀血し、右肺に動脈瘤が見つかった。
完治は手術しかないけれど、高齢で認知症もあるので術後のリスクが高い、
現状痛みを感じていないので手術はせず、様子見。
再度喀血したら病院に行かなきゃならない。
このコロナが終息するまでは、喀血しないことを祈るばかり。

デイサービスは通常通り行っているけれど、
今の仕事を続けていると勤務先が遠いので、母が一人でいる時間ができてしまう。
一人で居る時にもし喀血して…と思うともう後悔したくないので、一旦辞めました。
近場で短時間の仕事があれば…ですが。
こんなご時世なので、しばらくステイホームしています。

| コメント (0)

2020年4月23日 (木)

なんで平凡な日常がこんなことになってしまったのだろうか…

皆さんはお元気でしょうか…。
うちは今のところ家族全員無事だと思います。

今回のコロナは発熱無く無症状の感染者もいるということで、
怖いよね…。知らず知らずの間に感染しているかもしれないという恐怖。
そして知らず知らずの間に人に感染させているかもしれないという不安。

一日も早く、ドライブスルー検査を広めてほしい。
一部地域では開始されているけれど、まだまだだ。
いくら外出自粛していても、何かしら外に出なければならないこともあるだろうし。
その前に何とか初期の感染者の洗い出し、隔離・治療しないと感染が収まらない。

一向に「コロナ終息」の尾が見えないし、このまま長引くと
“コロナ慣れ”でつい気が緩んで、また感染者増えて…と負のループに陥る恐れがある。
感染者が出てきてからのこの数か月、
「自分が感染したら…家族・会社・あるゆる方面に迷惑かける」というプレッシャーの中通勤し、手洗いで手もガサガサ、除菌等衛生品の入手困難、こんな緊張感どこまで保たれるのか、続くのか…。

政府(アベ)に言いたいことは山ほどある!
武漢で新型コロナウィルスが発見された時、中国の春節での大移動。
日本への渡航が予想されるのに、そこでなぜ中国全土からの入国を禁止にしなかったのか。
その時、一部の識者もネット民も皆言ってたじゃん。
ワクチン無いんだよ! 日本に入れるなよって。
でも中国の主席が来訪する予定だったからと忖度して…? 手緩いことしてたから、
じゃんじゃん入ってきて、こんなことになった。

あのクルーズ船だって自国民のみ下船させて隔離して検査、船は保有国へさっさと帰せばよかった。
船内でどんどん感染が拡がって、船内の人だって恐怖、こちらも恐怖…。
(最近、他にもクルーズ船が来てたこと知ってビックリ!! なんでだーー!!)

早くにもっと危機感もって、想像力働かせて政府が行動していれば、
春休みで海外旅行を予定していた人も危険を感じてもっと取りやめていたかもしれない。
もっと言うと渡航禁止にしていたら…。 もう過去には戻れない、タラレバ…ですが。
私の働いていた会社では永年勤続されていた方の送別会は中止となりました。

日本の不運は、指導力と想像力が無く自分のことしか考えていない人が首相・オリンピックイヤー・
ちょうど春を迎え、歓送迎会、旅行、桜の開花で人が集まり動く季節だったこと。

観光、飲食関係の稼ぎ時にこんなことで、GWも休業、
みんなバタバタと倒れてしまうのではないか。
倒産相次ぎ、職失い、悪いことだけれど生きていくための犯罪が増え、
自殺者も増えてしまうのではないか。
せめて夏休みまでに終息すれば…難しいかもしれませんが。

これで大地震がきたら、もう持ちこたえないよ…。
チャッチャッと決めてもらえませんかね、アベノマスク配付決定したように…。
あっ! アベノマスク不良品で回収でしたっけ…。

| コメント (0)

2020年4月22日 (水)

お父さんのこと…(義父だけど、義は付けたくない)

スマホが4月1日朝いきなり壊れ、以前のSMSが消えてしまったので
哀しいことだけれど、忘れたくないのでブログに…。

12月初めに転んで大腿骨骨折で入院・手術していた家人の父が 
1月21日(火) 亡くなった。

12月に内視鏡検査をした後に、食事が取れなくなった。
会話ができなくなった。 目は開いてても反応が無い。
手を握っても握り返してくれない。
年内は持たないかもしれない…と言われた。

でも12月初めに入院して1週間は話せたんだよ。
骨折は順調に回復していたんだよ。
入院して即手術したとの連絡があった2日後、仕事帰りに病院へ。
「お父さん、コケちゃいましたか…。新聞持ってきたけれど読む?」
父は新聞が好きなので買っていった。
まだ呼吸器を付けていたので、話しづらそうだったけれど
「メガネ無いから読めんかもしれんけどそこに(置いといて)」

その2日後に行った時は食欲があまり無いって言っていたので、
「じゃあ今度来るときはプリン持ってくるね…
 そういえば10月末に米寿のお祝いで贈ったポロシャツ着てくれた?」

「1度着たよ」って言って指1本立てた。

入院前から元々肺にガンの疑いがあった。痛み等は無いし、高齢なので
内視鏡検査して抗がん剤治療で辛い思いをさせるより、このままで…という話だった。
ただ入院中に、誤嚥性肺炎を起こしたため内視鏡検査をしたらしい。

その後、もう会話ができなくなった…。意識もあるのかわからなくなった。
いきなり年越せるかどうか…と言われて気が動転した。
個室に移された。
もう一度お父さんと話したくて、あきらめきれず、何度も会社の帰りに病院へ行った。
でも反応は無かった。

10月末に3人で米寿のお祝いでお寿司を食べに行った時のことや、
ホームに行った時の笑顔を思い出して、哀しくてつらかった。
泣きそうになった。
反応無くてももしここで泣いている声が聞こえていたとしたら、
お父さんが自分死ぬのか?…と思ってガクッときてしまったらいけない…と我慢しようとした、
でも顔を見るとだめだった。後ろを向いて静かに泣いた。
帰りの電車で涙がこぼれるのも抑えられなかった。
他人が気づいたら恥ずかしいと思っても、だめだった。
次の日、お父さんの瞼にアイテープが貼られていた。
今までは目が開いていたけれど、目が乾燥するから…と瞼を閉じるように貼ったそうだ。
…ショックだった。

1月19日(日)雲一つ無い青空。富士山が綺麗に見えた。
危篤の知らせが入り、家族全員集まった。覚悟した。
お父さんの瞼を抑えていたアイテープが外されていた。
一昨年亡くなったお母さんの写真をお父さんに見せた。
その時、目が動いた。手を握ってみた。でも握り返してはくれなかった。
手がパンパンにむくんで冷たかった。
何とかお父さんの心臓は持ちこたえてくれて、安定した。
またアイテープを貼られてしまった。
お父さんが寂しくないように、お母さんの写真立てをテーブルに置いて帰宅。

1月20日(月)
会社の帰りに病院へ。
話しかけても反応は無かった。
数値は安定していたので、このまま何とか持ちこたえて
会話できるまで回復してくれないか…と願う。

1月21日(火)
午前中、私の母の通院付添い。
午後2時に病院に行く。
ちょうど髭を剃ってもらっている時だったので廊下で待つ。
髭剃ってくれるんだね…。
お父さんに話しかける。もう一度話したいよ。お父さんの声聞きたいよ。
もし…もしもう疲れても絶対一人で逝かないでね…待っててよと。

夕飯時、自宅の電話が鳴る。
「俺、おれ…」 「おれおれ詐欺? 誰?」
「冗談じゃなくて、オヤジが危ないって病院から電話がきた、
 兄と兄嫁に連絡つかない…ということで俺のところに」

昼間病院へ行った時は安定していたのに…
激しく動揺。心臓のバクバクが止まらない。
食べかけの食卓にラップかけてタクシーを呼ぶ。
その間に母の夕食を済まさせ薬を飲まし、自室のベッドに連れて行く。
タクシー内で家人兄にショートメールで連絡。
家人兄も病院に向かっているが私より後になるとのこと。
途中で家人を拾って、電話から30分後、病院に着く。
病室に到着すると、モニターが0で赤点滅していた…。
これって…

看護師さんに聞くと、危篤の連絡いれた後に
数値が少し安定したので、看護師さんが一旦病室を出て、その後戻ったら
亡くなっていた…と。

「絶対に1人で逝かないで…って言ったじゃん」
わーわー泣いた。
兄を待って、3人で臨終の確認をした。20時55分。
お父さんの準備をしてもらっている間、待合室で
お父さんが日記代わりに付けていた卓上カレンダーを見た。
お兄ちゃんの誕生日、私の誕生日、孫の誕生日…記入されていたけれど
家人の誕生日の記入が無くて…お父さん…次男の誕生日忘れちゃって…とちょっと笑えた。
米寿ランチした10月末迄は日記がまめに書かれていたけれど…
11月は記入少なかったな…
11月は私たちも台風の後始末で自宅の消毒とかで忙しかったから、
今までは最低月2回はホームへ面会に行っていたのが
初めてホームに行かなかった月なんだよね…。
私たちの意識がお父さんから離れてしまったから、こんなことになってしまったのか…。
それともこの頃から具合が良くなくて、ふらっとして転んでしまったのか…。
悔いが残るので余計に泣けた。

そういえば米寿ランチの時、車の中でふとお父さんが「もう長くは生きられないかもしれない…」って
言っていたな。 痛みはないって言っていたし、お寿司も普通に食べられていたから
安心していたけれど…ほんとはその頃すでに具合悪かったのかな。
気づいてあげられなくてごめんなさい。
後で聞いたことだけど、兄嫁にも言っていたらしいから、きっと具合悪かったんだ…。

悔やむことや哀しくて心が張り裂けそうだったけれど、
今は、コロナ感染が蔓延する前でよかったって思うことにした。
もしお父さんが院内感染したら、ちゃんと顔を見てお見送りの儀式ができなかったよね。
お父さんと一緒に旅立ってほしかったものもお棺に入れられなかっただろうし。
四十九日も3月初旬に無事行うことができた。

お父さんのカレンダー、見ると泣けるのでどうしようと思ったけれど
やっぱり手元に持っていたかったので頂いた。

後は私の母がいつか “その日”を迎えるまでは、
私が元気でいないとね。 

| コメント (0)

« 2020年1月 | トップページ | 2020年5月 »