« 7/15 「インセプション」観た… | トップページ | 8/11 「蛍/少年」リリース決定!! »

2010年7月19日 (月)

龍馬伝

もう一週間も経ってしまったので、今更感想書くのも…遅い気がするけど…coldsweats01

28話の「武市の夢」

牢獄での武市さん、弥太郎、龍馬の3人のシーンが感動的だったweep

そのシーンのことを武市さん演ずる大森南朋さんが

ネットステラでのインタビューで話していたことがすごく良かったconfident
※ネットステラでのインタビューはネットクラブの会員じゃないと読めません。

そのインタビューを読んでから見たので余計に感じるものがあった。

掻い摘んで書くと、

いつの間にか福山さん、香川さん、僕の3人の間に共同体のような絆が生まれていたような気がします。
3人でのシーンの最後、牢獄でのシーンの芝居で一瞬、半平太としての演技がぶれたというか、自分自身が顔を見せてしまった。そんな経験は今までなかったので内心、「ヤバイ!」と(笑)
このときはきっと僕だけではなく、2人も同じ気持ちだったんじゃないかと…。
役としての3人ではなく、福山さんと香川さんと僕の3人になってしまった。
これで終わりだと思うと、役を飛び越えてとても悲しくなってしまったんです……


なんかこの記事読んでたら、心にグッとくるものがあったconfident

昨夜の29話から第3部が始まって、

いよいよ一般的に知られている「坂本龍馬」としての演技が出てくるというところで、

ますます楽しみになってきたnote

ただ同時に段々と終わり(暗殺crying)にも近づいていくので
最終話が心落ち着けて見られるのかどうか…shock

ふぅ。 脚本家さんも大変だよね…。
*****************************
龍馬伝の舞台が長崎に。

当たった長崎の宿泊券、利用期限12/31までだから
何とかまた行きたいんだけど……
飛行機代を捻出しなければcoldsweats01
いったいいつ行けるのだ、、、。

« 7/15 「インセプション」観た… | トップページ | 8/11 「蛍/少年」リリース決定!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 7/15 「インセプション」観た… | トップページ | 8/11 「蛍/少年」リリース決定!! »