« サザン33曲連作ドラマSP「波乗りレストラン」まで…!もう待てない!SP | トップページ | 福山電車乗った〜っ!! »

2008年10月25日 (土)

『流星の絆』第2話感想。。

TBSドラマ『流星の絆』

第1話は、漫画が出てきた辺りで激しく拒絶反応起こしたが、
第2話は何とか“拒絶反応”起こさず見られた(苦笑)

…というのも、全ては子役たちの演技が良かったから。
特に長男・功一(二宮和也)の子供時代を演じる齋藤隆成クンがイイ!!
この齋藤クンは、いろんなドラマで見ているんだよね。

『よい子の味方』、『砂の器』、『光とともに~自閉症児を抱えて…』とか。
『光とともに…』が一番印象に強いかな…。
このドラマは母親役の篠原涼子も、担任役の小林聡美も良かった!!
記憶に残るドラマ。

…脱線したcoldsweats01
『流星の絆』の感想に戻ると、
コメディタッチの演出もかなりあったけれど、
子供時代のシーンが入って、せつない気持ちになり…weep
現在に戻って、コメディタッチのシーンで“クスッ”笑の気持ちになり…coldsweats01
かなり忙しいんだけれど、段々と慣れてきた(^^)

重いテーマのストーリーを忘れて、
そうそうそういうことあるよね!て、思わず笑っちゃうツボがあるんだよね、ニクイ!
例えば、
ポストイットに字を書く時のことを“付箋男”が言っていたシーン。
剥がす前に字を書くと、、、、書きにくい!
が、剥がしてから書くと、、、、接着面がちょっと頼りな~くなる!

これ、私もポストイットに字を書く時に思ったことあるhappy02

第2話で、、、慣れて(?)きたので、3話以降も見てみようかな(^^)v

« サザン33曲連作ドラマSP「波乗りレストラン」まで…!もう待てない!SP | トップページ | 福山電車乗った〜っ!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サザン33曲連作ドラマSP「波乗りレストラン」まで…!もう待てない!SP | トップページ | 福山電車乗った〜っ!! »