« 5月だー! | トップページ | 5月5日 »

2008年5月 5日 (月)

【ネタばれあり】WOWOW連続ドラマW『パンドラ』_第5話

パンドラの箱から次に飛び出したのは、、、『罠』

ついに週刊誌に“新型抗がん剤発見!!”の記事が出てしまう。

的場刑事(柳葉敏郎)に脅されて太刀川(山本耕史)が週刊誌にネタを売ってしまったのだ。週刊誌の記事には朋田(平田満)を刺して逃げているマモルのことを載せ、愛美への『罠』を仕掛ける的場刑事。


緑川医院では、
愛美を警察へ自首させたうえで、港東大学病院より警察へ研究の協力を依頼し、港東大で研究を続けることを鈴木(三上博史)に勧める緑川。
『…このまま逃げ続けるのかね。よく考えたまえ、君が一番守るべきものは何なのか』
緑川、、、ほんとに鈴木のためを考えてか???

港東大学病院へ向う鈴木と緑川。


大田黒の秘書・門脇(上原美佐)から鈴木と水野愛美の居場所を聞いた飯田(小西真奈美)は愛美を緑川医院から連れ出そうとするが失敗する。
飯田は一体何が目的で動いているのか。。。?
恋人・太刀川に『みくびらないで、私はあの借金のために危ない橋を渡ろうとしているのじゃないの…』って言ってたしなー。
だったら何なんだ?  『お金で買える命もあるのよ』って、、、誰か愛する人がガンとか??
3千万の借金も気になるが、、、そこまでは話膨らませないか、、、(^_^;)



マモルの落とした携帯でマモルになりすまし愛美を誘い出す的場。
愛美の前に現れる的場と太刀川。

殺人事件についてすべてを語ろうとする愛美。
『殺すつもりじゃなかった。違う、お金のためじゃない。“ある男”から頼まれたんだよ。あのおっさんをボコボコにしてくれって…』と真相に近づいたところで、、、深見厚生労働大臣(小野武彦)が手を回した公安(?)が現れ、愛美を確保する。
まったくイイところで(^_^;)
やっぱりあの殺人事件には裏がありそうだね。“ボニッパル薬害訴訟”がらみか。



港東大学病院で大田黒と話す鈴木と緑川。
相変わらず新薬の発表は自分がリーダーとして行なうと強気な大田黒。
突っぱねて出て行く鈴木。

鈴木の前に的場刑事が現れる。
『危なっかしい人だ。あなたは学者としては優秀だが世間のことを知らなさすぎる。あなたが作った奇跡の薬はね、争いを生み出す災いの種にもなりうる、いわゆるジョーカーってやつですよ。

『何故なんだ! ただ僕は病気を、ガンを治したい一心で研究を続けてきただけだ。』

『その薬は全世界のがん患者を一度に救うことができますか? ………。あなたの作ったジョーカーはね、平等だと思ってた我々に実は世の中不公平だと知らしめるだけのものなんですよ。』

そこへ現れる公安。
鈴木が公安に連行され着いた場所には深見厚生労働大臣がおり、鈴木が研究を続けられるようにするし、研究費も国費でまかなうと。 ただし治験する病院や発表するタイミングはこちらで決めると。
深見の話に乗る鈴木。。。。『(苦笑)…ジョーカーか…。』
 罠だよ、罠だーーー。治験する病院てば絶対に大田黒のとこだよー(>_<)

鈴木を乗せた車が到着したのは、、、港東大学病院。
ほくそえみながら出迎える大田黒。
『お帰りなさい』。。。妖しく微笑む飯田。

水野愛美を乗せた車も到着する。
愛美の顔を見て…うろたえ、思わず顔を隠す深見の秘書・沼部(相島一之)。
例の殺人事件について愛美が話していた、被害者をボコボコにしろと依頼した“ある男”って沼部(相島一之)か?!

殺人事件の方も真相に向けて新たなる展開が待っていそう(^^)
鈴木が『新型抗がん剤』を発見したと知って、連絡をしてきた元妻もこれから絡んでくるのかな???
官房副長官(余貴美子)にも裏に誰かが居そうな。。。?
朋田(平田満)の父も出てくる?

来週の予告では、、、緑川が???
誰かが死、、、かなり急展開が待っていそうだ。

第6話は、『怒り』
罠に翻弄された人々に与えられた次なる最悪は『怒り』。

次回は、鈴木医師もついに豹変か?!
欲望渦巻く周囲のあまりの大きな力に抵抗する気力も失せ、自ら欲望の渦へと飛び込んだのか。。。?!

« 5月だー! | トップページ | 5月5日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 5月だー! | トップページ | 5月5日 »