« 今クール開始のドラマ感想① | トップページ | 昨日の僕らの音楽見忘れたっ! »

2008年1月19日 (土)

北の零年

今日、テレビ朝日で放送していた。
たまに入るCMと、CM明けとCM前に画面左&下に貼り付くテレ朝の番宣が、、、(ーー;)

民放地上波だからCMは仕方ないけれど、映画の画像に貼り付く番宣がイタダケナイ!!
海賊版に焼かれないようにわざと???


途中、吉永小百合演ずる小松原志乃と多恵の親子が家を出て、猛吹雪の中を歩いていく場面。
映画といえども、過酷だった。 凍死するよ(~_~;)
そこまで長いシーンにしなくても…と思いつつ。

渡辺謙演ずる志乃のダンナ(小松原英明)には“おいおい!” (ー_ー)!!
どんな理由があっても、サイテーだ。
周りに夫が“裏切り者”扱いされて、白い目で見られても、夫を信じて待っている妻と娘が居るのに…だ!

自分を裏切り、周りを裏切り、別の女性と結婚し、エライ役人になって訪ねてきたサイテーな夫に対しても、「こんなゴツゴツした、女では無い手を見せるのが恥ずかしい」と恥らう。
必死に生きて、信じて待っていたんだ…それなのに、、、キーッ! 

それに比べ、トヨエツ演ずるアシリカはカッチョエかった♪
自分の失ってしまった妻と娘に対しての思い、志乃親子に重ね合わせて涙する姿。
志乃親子をさりげなく支えていく温かさ、想い、捨て身になって守ろうとする姿、、、グッときます……。

最後のシーン、
アシリカ(ホントは薩摩藩の人…名前忘れた!)が志乃たちを守って自らの命を投げ出そうとし、志乃がかばって腕を撃たれる。
その時の志乃がアシリカに伝える言葉。。。

  死なないで、 生きて、、、 生きてください

生きてまた再会してほしいね。志乃とトヨエツ~!!

理不尽な役人たちが去って、

志乃が、
生きている限り、 夢見ている限り、 きっと何かが私たちを助けてくれる。

イナゴの大群にやられた田畑を耕す人たち、、、、

そのシーンを見ていたら、
「夢見て耕す人になれ」 という言葉が思い起こされた。

« 今クール開始のドラマ感想① | トップページ | 昨日の僕らの音楽見忘れたっ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165081/17751825

この記事へのトラックバック一覧です: 北の零年:

« 今クール開始のドラマ感想① | トップページ | 昨日の僕らの音楽見忘れたっ! »