« あしたがあるから | トップページ | 小学館文庫 meets 福山雅治 »

2007年10月31日 (水)

相変わらずヤフオクで高値の

福山 冬の大感謝祭のチケット。

ほんとに1枚のチケットを8万や10万で買う人って居るの?

私にはチョーーー信じられないんですけれど(~_~;)

11/25には一応、一般発売もあるのに。(これもなかなか電話通じず辛いことは辛いが)

あのさ、ライブまで 2ヶ月もあるじゃない、

こんな“手”を使っている人っているんじゃないの? って、私は疑ったりしちゃうんですが…。

例えば、“さくら”を使う。
出品者が別名で複数のIDを持っていて、または友人に頼んで、

値をつり上げる↑

競争心理を利用して、その“つり値”より高い落札者が現れればOK!

“つり値”より高い落札者が現れなかったら、一旦“さくら”が落札したように終了する。

まだライブまで2ヶ月もあるので、

別のIDを使って、また同じチケットを出品する。

それを繰り返して、高値の落札者が現れるのを待つ。

私はオークション嫌いなので、こんなこと考えてしまうのかもしれませんが。。。

チケットの出品もまた増えているし(ーー;)
高値表示につられて、ライブより銭! を選んでしまった人が居たとしたら、哀しいね。

« あしたがあるから | トップページ | 小学館文庫 meets 福山雅治 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165081/16935440

この記事へのトラックバック一覧です: 相変わらずヤフオクで高値の:

« あしたがあるから | トップページ | 小学館文庫 meets 福山雅治 »