« がっちりマンデー→Google社長 | トップページ | ゆびとま »

2006年10月16日 (月)

某大学病院にて

手術を受けることにした。
ベット空き次第なので、いつになるのか不明。 一週間前に連絡あり。
今日は術前検査受けて、木曜日に目の中に入れる眼内レンズを作るための検査などやる予定。

今日診てくれた先生は、ようく細かく診てくれて、炎症についてもちゃんとわかってくれた。
前回手術受けようとした大学病院の先生とはかなり違うので、
ほんとに病院を変えてよかった!!!

ずっと『ぶどう膜炎』で虹彩膜の炎症が繰り返されて、合併で白内障になってしまったパターン。 普通の老人性白内障とは違う。

炎症がらみなので、やはりかなり難しい手術らしく、目を切開してくもっている部分を吸い出すのに、目の中の薄い膜と水晶体の間を離すために水を入れるのだが、私の場合、白内が薄い膜にこびりついてしまっているため、水を入れて離そうとする時に、“薄い膜”の方が破れてしまう可能性が高いとのこと。
破れてしまった場合、眼内レンズも入れられないし、再手術になるらしい。

あとはかなり目が弱っているので、高い確率で他の合併症になるとのこと。
手術で失明するということは、無いそうだ。(ホッ)

ドクターに『ずっと診てもらっていた先生にも“難しい手術かもしれない…”と言われました』と言ったら、、、、
『難しいかも…でなく、かなり難しい手術です!』と断言され、
ちょっと、、、いや、かなりビビリ(~_~;)

まぁこのままの状態でも、良くなることはないし、ちゃんと今の状況をわかってくれた先生なので、手術へGO!!!

ただこれから年末にかけて、『網膜はく離』の患者さんがあちこちの病院から転送されて(ドクター曰く、他の病院は年末にかけての手術はしたくないらしい)
入院・手術が混みあうので、その合間に私の手術を入れられるか、または来年になるか、全くいつになるかは現時点ではわからない…とのことで、当分働けないのかしら???
最悪、予定していたライブ、旅もキャンセルになったりしてーーーー(>_<)

なんだか、次から次へといろいろ起こってくるなー。
試されているのかしら???   生命力…。
今までの様々な医療費あれば、新車のめっちゃ高いやつ買えるで、ほんまに(^_^;)
******************************************************

日曜日の朝刊に、小・中学校の同級生だったY君がヨット転覆して行方不明…という記事が載っていた。
住所(地名まで)と年齢と名前で、“まさか、、、双子の弟の、、、”
私は小1~2、小4~6と同じクラス。
信じたくなかったけれど、友人えっちゃんからもメールが届いた。

今朝の新聞に載っていたね、遺体が見つかったって……。
ご冥福をお祈りします。   なんか悔しいよ、まだ人生半分だよ

« がっちりマンデー→Google社長 | トップページ | ゆびとま »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165081/12306583

この記事へのトラックバック一覧です: 某大学病院にて:

« がっちりマンデー→Google社長 | トップページ | ゆびとま »